断食は身体に悪い

本気で痩せたいという人は、安易に断食をしてしまいがちです。
しかし正しい手順でおこなわなければ、断食は身体に悪いと言えます。
逆に言えば、正しい手順でおこないさえすれば、良い結果が出るのです。

手順を考えずむやみやたらに断食をすると、胃腸の消化機能が衰えてしまいます。
手足は、動かさずにいるとなまってしまいますが、内臓も同じなのです。
何も食べずにいるうちに、食べた物をうまく分解したり吸収したりできない胃腸になってしまいます。

それでも何も食べないので、一時的には体重は減ります。
そしてそこで安心して食べ物を食べると、衰えた胃腸に大きな負担を与えることになります。
消化不良を起こして胃が痛くなったり下痢をしたりするのです。
さらに、うまく分解できないので必要な栄養分を身体が摂取できず、食べているのに栄養不足という状態に陥ります。
そして食べた物は老廃物として蓄積され、せっかく減った体重が元に戻るどころか、かえって増えてしまったりもします。

このように単に食を断つだけという断食は、身体に非常に悪影響を与えるのです。
一方、食べる量を徐々に減らしていってから1~2日ほど断食し、その後おかゆなど消化に良い食べ物で胃腸を回復させつつ元の食生活に戻していくという方法なら、身体に負担を与えることなく痩せることが可能です。