1日2食ダイエットは身体に悪い

ダイエットのつもりで朝食を減らすとかえって太りやすいのですが、1日2食ダイエットは身体に悪い点増えてくる傾向があるからです。
まず、朝食は食べておいたほうがお昼までお腹もすきにくくなったりするため、食べる量も減らしやすくなってきます。
食べないと飢餓状態になりやすいのもあって、通常のカロリーよりも脂肪を蓄積しやすくなるなど代謝が落ちてしまう可能性もあります。
それにダイエットではカロリー制限するのも大切ですが、同じカロリーの食事を摂取するとしても食べ方でダイエットにつながるケースも多くなってくるわけです。
一度にどか食いするよりは少しずつ食べたほうが身体に対しての負担も減ってくるので無理のないダイエットが出てきますが、血糖値も上がりにくくなってくるなどとメリットもあります。
食事の回数を増やすと空腹も感じにくくなってきたりします。
炭水化物も夜は食べないなど工夫するのがちょうどいいですが、無意識のうちに食べる量も少なくできてくるので食事制限をするのにも効果的です。
更に運動をしたりして消費カロリーを増やすのも新陳代謝を活発にできたりと、痩せやすい体を作れるので消化吸収も促しやすくなってくると言えます。